労務相談

img-roumu2

社長さんこんなことでお悩みではありませんか??

 

初めて従業員を雇ったが何をしたらいいのか分からない。

労働保険関係の書類の提出が必要です。
従業員さんの労働時間によってはパート・アルバイトの方でも必要な場合があります。


 

従業員から始業時刻前の朝礼や終業時刻後の掃除の時間について労働時間だと指摘されました。

労働時間とは労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間をいうとされています。
よって、始業時刻前の朝礼や終業時刻後の掃除を使用者が義務付けたときは、使用者の指揮命令下にある時間となるため、労働時間として扱われます。
事前に労働時間についてルールを明確にするなど注意しておくことが必要です。


 

営業担当の従業員の労働時間を把握出来ない。

外回りの営業職の従業員の場合、会社の外では事業主にとってはどのような行動をとっているかはまったくわかりません。
労働時間を把握することができないため、外回りの時間に対して残業代を支給するには不合理だといえます。
このような従業員の場合はみなし労働時間制を適用することができます。
この労働時間制を採用することで残業代の支払いが不要になります。
ただし、この制度を採用するには就業規則に記載しておく必要があります。
みなし労働時間制は専門家のアドバイスの元に導入されることをお勧めいたします。


 

問題のある従業員がいて無断欠勤もある。解雇しても問題ないか。

基本的に従業員を即解雇してしまうのは原則出来ません。
解雇する場合は予告の期間を置かなければならないからです。
ただし、特にひどい場合は特例的に解雇することができることもあります。


 

パート・アルバイトの年次有給休暇は与えるべきか。

正社員に比べて労働時間の少ないパートやアルバイトにも、付与日数の違いこそあれ、年次有給休暇を与えなければなりません。
最近は会社がこうした法律の規定を知らなくても、労働者側が知っていてその権利を当然に行使してくるといった例も少なくありません。
法律で定める年次有給休暇のことをきちんと知りしっかりとした対応を取っていればこういったトラブルの未然に防ぐ事が出来ます。

 

従業員様を雇っているとこれ以外にも様々なトラブルが付きものです。

事業主様と従業員との労使関係を良くする事。それこそが当事務所の仕事です。

事業主様が経営に専念出来ますよう労務に関する相談は法律の専門家、社会保険労務士にお任せ下さい。

かんの社会保険労務士事務所への無料問合せフォームと電話相談

労務相談の実例紹介

労働基準監督署 是正勧告 労働基準法違反 ブラック企業

労働基準監督署の是正勧告が来たら・・・

先日以前からお知り合いのN社長様より突然ご連絡がありました・・・ お話を聞かせて

広告

新規投稿をメールで受け取るにはメールアドレスを記入してください。