「ブラック企業対策」長時間労働を繰り返す大企業に対し社名を公表!!

kannonews20150917

厚生労働省は、いわゆる「ブラック企業」への対策として、
違法な従業員の長時間労働を繰り返す大企業に対し、是正勧告の段階で社名を公表する方針を固めました。

違法に月100時間を超える残業が行われるなどして複数の支店や営業所が是正勧告を受け、
是正勧告の回数が合計で一定以上に達した時点で、組織としての問題とみなして企業名を公表するとしています。

対象になるのは資本金や従業員の数が一定以上で複数の都道府県に事業所を置く大企業で、中小企業は除きます。
但し、数年後には中小企業も対象となることが十分考えられます。その時になってから慌てても間に合いません。
日頃から労働時間などの社内のルールはしっかりと整備していたいものですね。

参考資料↓↓↓

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11201000-Roudoukijunkyoku-Soumuka/0000085321.pdf

かんの社会保険労務士事務所では、こうした問題に対処するため、
社内のルール 就業規則の作成を行っております。

タグ: , , , , ,
カテゴリー: 社労士ニュース

新規投稿をメールで受け取るにはメールアドレスを記入してください。